新・可視化サイトの紹介

新・可視化サイト(https://stat.kashika.city/)ではGoogleEarthの他にブラウザでも都市構造可視化計画が見られるようになりました。ブラウザを利用することができるスマートフォン、タブレットでも見ることができます。

地図機能では凡例や属性、経年変化の表示等に対応しています。

また、検索した後に結果の一覧を表示するように画面遷移を変えおり、検索をシンプルに分かりやすくしています。

関連記事

  1. 地図上で、メッシュコードを確認する

  2. 資料にする際の著作権が気になる方へ

  3. 地図の比較(地理院、GoogleMap)

  4. Data Encoding Specification of i-Urban renovation and planning – Urban Planning ADE –

  5. 建築研究所講演会において、可視化が紹介されました。

  6. 立地の適正化に向けて