グローバルシティモデルのためのLOD拡張


グローバルシティモデルのためのLOD拡張

このページはグローバル分析と可視化のためのグローバル都市モデルのデモンストレーションを見ることができます。 「コンパクトシティ」を推進するためには、都市間での役割分担にグローバルな分析と可視化が必要であり、取り扱いが容易なグローバルシティモデルも必要です。したがって、i-都市再生データ符号化仕様(以降、文書という)では都市モデルの広範な説明のために新しい詳細レベル(LOD)を定義します。 CityGMLはすでにさまざまなLODをサポートしています。 LODは、異なるアプリケーション要件を持つ独立したデータ収集プロセスを反映することを要求されています。この文書はLODを拡張して、詳細である必要はないが都市間の統一された単位で記述されるべきである大まかな都市モデルを記述します。これにより、ユーザーは同じ条件下で都市を分析できます。

掲載データの出典に関して

本ページの掲載データの加工と可視化に関しましては下記資料を利用しております。

コンテンツ 出典 資料 時点
人口3Dグラフ 総務省統計局 平成22年国勢調査 2010
欧州の人口3Dグラフ Eurostat GEOSTAT 1km2 population grid 2011

その他の確認事項

このコンテンツは3Dマウスに対応しています

関連記事

  1. 区域区分と人口の関係

  2. 茅野市の建物3Dモデル

  3. 建物CityGMLのダウンロード

  4. 地域の広報PR動画に可視化を活用した事例(福島県)

  5. 宗像市の建物3Dモデル

  6. むつ市の建物3Dモデル