建物CityGMLのダウンロード

建物CityGML

このページではCityGML形式の建物データがダウンロードできます。
ダウンロードするには下の表からダウンロードしたい2分の1地域メッシュ(500mメッシュ)を検索し、Downloadボタンをクリックします。

建物データとメッシュコード

建物データの図形は基盤地図情報を活用しています。高さに一律8m(2階を想定)を設定し、ダウンロードできるデータの範囲は2分の1地域メッシュ(500mメッシュ)単位です。座標参照系はWGS84(緯度経度)と平面直角座標系のデータがあります。

データは2分の1地域メッシュ(500mメッシュ)ごとに整理しており、メッシュコードは次のリンク先のKMLで確認できます。

提供エリア

提供エリアは次のとおりです。
青森県むつ市/埼玉県秩父市/朝霞市/長野県茅野市/愛知県名古屋市/高知市/福岡市西区/宗像市/糸島市

ビューアと座標参照系

CityGMLのビューアにFZKViewerとAzulがあります。本ページのファイルをビューアで見る場合、次の操作で動作確認をしています。
FZKViewerの場合はWGS84(緯度経度)のファイルをダウンロード、開く。ファイルを開くときにSpatial Reference SystemでCRS:84を選択。ビューアのバージョンはV4.9で確認しています。
Azulの場合は平面直角座標系のファイルをダウンロード、開く。ビューアのバージョンはV0.9で確認しています。

掲載データの出典に関して

本ページの掲載データの加工と可視化に関しましては下記資料を利用しております。

コンテンツ 資料
建物モデル 基盤地図情報(国土地理院)

関連記事

  1. 浸水ハザードマップと人口分布の関係

  2. 用途地域を活用した容積充足率の見える化

  3. グローバルシティモデルのためのLOD拡張

  4. 地域の広報PR動画に可視化を活用した事例(福島県)

  5. 区域区分と人口の関係

  6. 2分の1の地域メッシュ(500mメッシュ)