建築研究所講演会において、可視化が紹介されました。

都市構造可視化は、様々な場面で活用されています。

平成27年度の、建築研究所講演会において、住宅・都市研究グループ主任研究員 石井儀光氏が、「都市行政における合意形成支援ツールの開発-都市構造の可視化-」と題して講演されました。

その時の資料をご紹介します。

建築研究所 H27講演会テキスト

関連記事

  1. 関東地方における都市構造のあり方に関する検討会の取り組み(2008年)

  2. 地図の比較(地理院、GoogleMap)

  3. 地図上で、メッシュコードを確認する

  4. Data Encoding Specification of i-Urban renovation and planning – Urban Planning ADE –

  5. The main features of the urban structure visualization

  6. 立地の適正化に向けて