2分の1の地域メッシュ(500mメッシュ)

地域メッシュ(1次~500m)
(GoogleEarthで可視化する)

総務省統計局をはじめ国の行政機関が作成している地域メッシュ統計の主なものは標準地域メッシュを使用して作成されています。標準地域メッシュは第1次地域区画をもとに等分された区画です。

本データは日本の国土にかかる第1次地域区画をベースに、第2次地域区画、第3次地域区画、2分の1地域メッシュを表示します。各地域メッシュは縮尺に応じて表示されます。

■地域メッシュの区分(第1次地域区画~2分の1地域メッシュ)

区画の種類 区分方法 緯度の間隔 経度の間隔 一辺の長さ
第1次地域区画 緯度を40分間隔、経度を1度間隔に区分した区画 40分 1度 約80km
第2次地域区画 第1次地域区画を縦横に8等分した区画 5分 7分30秒 約10km
基準地域メッシュ
(第3次地域区画)
第2次地域区画を縦横に10等分した区画 30秒 45秒 約1km
2分の1地域メッシュ 基準地域メッシュの辺の長さを2分の1に等分した区画 15秒 22.5秒 約500m

関連記事

  1. 建物CityGMLのダウンロード

  2. 区域区分と人口の関係

  3. 地域の広報PR動画に可視化を活用した事例(福島県)

  4. グローバルシティモデルのためのLOD拡張

  5. 用途地域を活用した容積充足率の見える化

  6. 浸水ハザードマップと人口分布の関係